美雪花代は宝塚から牧場経営者になっていた!

元宝塚歌劇団花組トップ娘役だった美雪花代さんをご存知ですか?

宝塚を退団後も、多くのテレビドラマや舞台に出演し活躍していた女優さんですが、現在は北海道で牧場を経営する社長になっているといいます。

美雪花代さんは、牧場経営者の馬主と結婚し、その牧場を継いでいるようですね。

そこで今回は、美雪花代さんが経営する牧場の場所や、社長としてのセレブ生活などについて見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


美雪花代(みゆき はなよ)のプロフィール

本名:小川美由紀
生年月日:1960年2月3日
出身地:兵庫県
身長:160cm
趣味:ゴルフ
特技:日本舞踊、琴、ピアノなど

 

美雪花代さんは、1975年に宝塚音楽学校に入学し、1977年、63期生として入団しました。

月組公演『風と共に去りぬ』で初舞台を踏み、入団3年目にしてトップ娘役に就任。新人公演やバウホール公演でヒロイン経験がないままの大抜擢でした。

1981年5月に宝塚歌劇団を退団した後は、資生堂のキャンペーンガールとしてCMに出演したり、数多くのドラマや舞台で活躍。

1982年の連続テレビ時代劇『遠山の金さん』のお竜役などが有名ですね。

 

スポンサーリンク


牧場経営者の馬主と再婚、夫の急逝

美雪花代さん、2011年に16歳年上の会社・牧場経営者の馬主と再婚します。

“再婚”とのことですが、一度目はいつ、誰と結婚したのかという情報は明らかになっていません^^;

それにしても、2011年には美雪花代さんは51歳、16歳年上の旦那さんは67歳ということで、熟年結婚だったんですね。

馬主の夫も以前離婚歴があり、再婚同士の結婚だったようですよ。

しかし、結婚からわずか4年、2015年1月に旦那さんはすい臓がんで亡くなられてしまいます…。

美雪花代さんは、夫の遺志でその牧場を継ぎ、牧場の2代目社長として生活をスタートさせることになったのです。

 

スポンサーリンク


美雪花代が経営する牧場の場所は?セレブ生活?

美雪花代さんが旦那さんから引き継いだ牧場の場所は、北海道の日高。

会社名は「三城ボクジョウ株式会社」というそうです。

三城ボクジョウのホームページにも、場所の詳しい地図や美雪花代(小川美由紀)さんの代表挨拶が掲載されています。

 

日高には色々な牧場があり、過去に活躍した馬も繋養されていたりするそうなので、きっと場所が良い環境なのでしょうね。

美雪花代さんの牧場は、東京ドームおよそ7個分の広さがあり、競争馬の育成・生産をしているそう。

そんな牧場主の自宅はやはり大豪邸で、広さはなんと100坪!

玄関だけでも20畳の広さがあるそうで、リビングは30畳。イタリア製の豪華な家具が並んでいる様子が、以前テレビで紹介されていました。

美雪花代さんは、牧場を経営する社長として大変なこともあるでしょうが、北海道の地でこれからも頑張ってほしいですね。

※追記

美雪花代は牧場経営危機で火の車に?爆報!THEフライデーで放送

 

スポンサーリンク