2度の離婚・婚約破棄・不倫…黛ジュンが凄すぎ

大物歌手で女優の黛ジュンさん。独特のパンチの効いた魅力的な歌声でヒットした彼女ですが、実は壮絶な恋愛遍歴をお持ちなんです。

黛ジュンさんは2回の離婚歴があり、婚約破棄や不倫も経験、さらにある大物と愛人生活を送っていたというのです!

そんな黛ジュンさんの、かつての結婚相手や不倫相手、愛人について、波乱万丈な人生とともにご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク


黛ジュン(まゆずみ じゅん)プロフィール

本名:渡邊 順子
生年月日:1948年5月26日
出身地:東京都調布市
身長:160cm
血液型:O型
活動期間:1964年~

 

黛ジュンさんは、品川区立冨士見台中学校を卒業後、ジャズ歌手として各地の米軍キャンプやクラブを巡り歌っていたそうです。

1964年に「渡辺順子」の名前でデビューするも売れず、3年後に事務所を石原プロモーションへ移籍し、名前もより印象的な「黛ジュン」に改名して再デビュー。

この時の「恋のハレルヤ」で、ミニスカートとパンチの効いた歌声が一気に注目されるようになりました。

 

スポンサーリンク


黛ジュンの大ヒット、紅白歌合戦出場

出典:http://livedoor.blogimg.jp/isrnc/imgs/3/6/36097340.png

 

黛ジュンさんは、1968年にリリースされた「天使の誘惑」が大ヒット。映画の主題歌になり、自身も女優として映画に出演することになります。

こうして売れっ子女優にもなった黛ジュンさん。歌手としても、NHK紅白歌合戦で1967年から4年連続出場を果たしました。

まさに順風満帆ですね。

 

そんな黛ジュンさんには、実は有名な兄がいます。それが、作曲家の三木たかしさん。

妹にも曲を提供しており、黛ジュンさんのヒット曲となった「夕月」(1968年)は三木たかしさん提供によるもの。

「夕月」は、黛ジュンさん主演で映画化もされました。

 

スポンサーリンク


黛ジュンの二度の結婚と離婚

そんな順風満帆の黛ジュンさん、1970年に5歳年上のミュージシャン・江藤勲さんと結婚します。

結婚となると、仕事も制限されてしまうのでしょうか…この時黛ジュンさんは、芸能界を一度引退しています。

しかし、新婚生活もつかの間、江藤勲さんの家庭内暴力などが原因で二人は離婚。3年間の結婚生活を終えました。

 

最初の夫と離婚した後、黛ジュンさんは芸能界復帰しますが、人気はしばらく低迷気味だったようです。

1980年になり、「風の大地の子守唄」「男はみんな華になれ」がようやくヒット。

さらに、黛ジュンさんは日活ロマンポルノ「女帝」(1983年)にも出演し、ヌードを披露したことが話題になりました。

結婚・離婚を経て、何かが吹っ切れたのでしょうかね?

 

こうして活躍の場を広げていった黛ジュンさん。

ドラマーの石田秀雄さんと2回目の結婚をしましたが、二人目の夫とも上手くはいかなかったようで、1994年には再び離婚してしまいます。

2度の離婚歴があると、なかなか今後は難しいように思われますが、そこは魅力的な黛ジュンさんのこと。

再び婚約者となる男性が現れます。

 

スポンサーリンク


黛ジュンの三度目の結婚…?しかし婚約破棄

黛ジュンさんの婚約者が、作詞家の里村龍一さん。

2001年に二人は婚約を発表し注目を集めましたが、なんと里村龍一さんは、その後わずか2ヶ月で別れを告げ、婚約破棄してしまいます。

婚約発表からわずか2ヶ月で、しかも当時の黛ジュンさんは53歳という年齢…相当なショックですよね。

 

一体何があったのかというと…実は里村龍一さん、知り合いのイタコに黛ジュンさんとの婚約を相談したそうです。

※画像はイメージです


出典:http://www.mutsucci.or.jp/kanko/itako-03.htm

 

その時イタコは「二人の相性は最悪。5年後には歌を辞めるように」と告げたのだとか^^;

こうしてイタコのお告げを受け止めた里村龍一さんは、婚約破棄してしまったのです。

黛ジュンさんの三度目の結婚は、イタコのお告げによって婚約破棄という結末に終わってしまいました…。

しかし!黛ジュンさんの恋愛遍歴はまだまだ続きます。

 

スポンサーリンク


黛ジュンの不倫、愛人生活?

黛ジュンさんには、婚約破棄の他にも不倫や大物との愛人生活という、さらにスキャンダラスな話題が出てきます。

それは黛ジュンさんが36歳のときのこと…。ある大物政治家と出会います。

大物政治家は、黛ジュンさんに宝石を好きなだけあげると言い、真珠とダイヤの指輪、推定1000万円をもらったのだとか。

しかしその代償に、自分の愛人になってくれと言われ、愛人契約を交わしたそうです。

そして大物政治家の愛人として、ファーストクラスで世界一周旅行に出かけたといいます。

それにしても、この大物政治家が誰なのか気になるところですが、さすがに名前までは明らかになっていません^^;

 

また黛ジュンさんが50歳のときには、アメリカ在住の大富豪と不倫関係にあったといいます。

1998年の銀座高級クラブで、あるアメリカの大富豪の社長を紹介された黛ジュンさん。

カラオケで2~3曲歌ったところ、その場で50万円もらったそうですよ^^;

この男性、妻子がアメリカにいたのですが、黛ジュンさんとの恋に燃え上がり愛人として不倫生活をすることに。

しかし、そのうち男性のほうが罪悪感に耐えられなくなり、米国の妻に打ち明けたたことで、不倫関係は解消されることになりました。

 

スポンサーリンク


 

そんな黛ジュンさん、これまで歌手として舞台やディナーショーを中心に活躍してきたのですが、

2011年、原因不明の喉の病気で歌声が思うように出せなくなり、少しの間歌手活動を休止します。

その後、歌声が出せなくなった喉アレルギーの原因が判明し、治療を続けたことで2012年にはほぼ完治。

2016年10月には、『ブラック・ルーム』をリリースしました。

 

黛ジュンさんのシングル「天使の誘惑」B面のセルフカバーです。

 

現在、黛ジュンさんは68歳。

普段はマンションの管理人として独り身の生活を送っているそうですが、年齢を感じさせないスタイルと踊りは、相変わらず見事ですね!

 

スポンサーリンク