伊集院静と夏目雅子の結婚は不倫だった!?

作家の伊集院静さんと、元妻である女優の夏目雅子さん。

夏目雅子さんは急性骨髄性白血病を発症し、27歳という若さで亡くなられているのですが、実は伊集院静さんとは不倫の末の結婚で、泥沼な関係にあったといいます。

伊集院静さんは、自身も認めるほど女性に手が早いことで有名らしく、あの桃井かおりさんも不倫関係にあったとか…?

そこで今回は、伊集院静さんの結婚歴や夏目雅子さんとの不倫、桃井かおりさんの略奪愛などの過去についてご紹介します。

 

スポンサーリンク


伊集院静のプロフィール・経歴

出典:http://pinky-media.jp/I0009549

ペンネーム:伊集院静(作家)、伊達歩(作詞家)
本名:西山忠来/チョ・チュンレ(조 충래)
生年月日:1950年2月9日
出身地:山口県防府市
職業:作家、作詞家
最終学歴:立教大学文学部日本文学科
ジャンル:小説、随筆、作詞

 

伊集院静さんは、山口県防府市出身の在日韓国人2世。

チョ・チュンレ(漢字は趙忠來)という韓国名でしたが、日本に帰化して西山忠来という日本名に変えました。

大学卒業後は、大手広告代理店の電通に勤務し、その後CMディレクターになります。

 

スポンサーリンク


伊集院静と最初の妻と子供

伊集院静さんが電通に勤務していた頃、一般女性と1度目の結婚をします。

夫婦には二人の娘が生まれましたが、伊集院静さんは次女が生まれる前に家を出てしまいます。

その次女というのが、女優・作家として活躍している西山繭子さん。

 

出典:http://ameblo.jp/mayuko-0121/

 

1980年、西山繭子さんが2歳の時に、伊集院静さんと最初の妻は離婚してしまいました。

なので西山さんは、父親と一緒に暮らした記憶というのは何も無いそうです。

 

スポンサーリンク


伊集院静と夏目雅子の出会いから不倫

出典:http://pinky-media.jp/I0009549

 

伊集院静さんと夏目雅子さんが出会ったのが、1977年のカネボウ化粧品「クッキーフェイス」のCMでした。

このCMをきっかけに、夏目雅子さんは人気に火が付き大ブレイクしたのですが、この時ディレクターをしていたのが伊集院静さんだったのです。

二人はこの出会いからすぐに付き合うようになり、1978年には伊集院静さんが妻と娘を置いて家出。

夏目雅子さんとの不倫関係を続け、1980年に伊集院静さんが最初の妻と離婚という流れですね。

しかし、不倫の末に夏目雅子さんと結婚したのは、4年後の1984年のことでした。

この4年間、伊集院静さんは別の女性とも関係を持っていたというのです!

それが、桃井かおりさんでした。

 

スポンサーリンク


伊集院静と夏目雅子と桃井かおりの不倫関係・略奪愛

伊集院静さんは、夏目雅子さんだけでなく、女優の桃井かおりさんとまで不倫関係にあったといいます。

夏目雅子さんと結婚するまで、桃井かおりさんと二股をかけていたということですね。

 

出典:http://trend-japon.com/8114.html

 

伊集院静さんもすごいですが、実は桃井かおりさんも略奪愛の癖があったようで…。

伊集院静さんの他にも、松田優作さんとも不倫報道をされたことがあり、略奪愛の「悪魔のような女」とバッシングを受けたほどでした。

その他、萩原健一さんや森田芳光さん、一般男性との恋愛歴も、桃井かおりさんはすごかったようです^^;

そんなこんなで、伊集院静さんは二股不倫で三角関係どころか四角関係のドロドロ状態。

しかも夏目雅子さんは結婚前、伊集院静さんとの間の子供を複数回身ごもっており、その度に堕胎しているのです…。

もう色々と壮絶すぎです。

 

スポンサーリンク


伊集院静と夏目雅子の結婚後は…?

そんな泥沼を経て、1984年8月17日に伊集院静さんと夏目雅子さんは結婚。

神奈川県鎌倉市由比ガ浜に在住していました。

この結婚後は、不倫や浮気をすることなく、奥さん一途に過ごしていた伊集院静さんでしたが、間もなく夏目雅子さんの病気が発覚。

急性骨髄性白血病で約7ヶ月の闘病生活を送り、退院間近という時に肺炎を併発してしまいます。

その後高熱が下がらず重体となり、1985年9月11日に27歳という若さで亡くなられました…。

伊集院静さんは、妻の病気が発覚してから仕事を全部辞めて看病していたそう。

再婚して間もなくの悲劇に、相当なショックを受け、しばらくは喧嘩やギャンブル三昧、お酒に溺れアル中状態に。

その後、小説家として復活した伊集院静さんは、1992年に女優の篠ひろ子さんと結婚。

3人目の奥さんとは、現在も夫婦仲良く暮らしているそうです。

 

出典:http://www.keymannet.co.jp/i661

 

スポンサーリンク