波瀾爆笑にロッチの二人が出演

3月12日に放送される「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ)で、ロッチの二人が登場します。

そこでコカドケンタロウさんが、父親について衝撃の事実を暴露するのだとか?!

 

いつも明るく振る舞うコカドケンタロウさんですが、実は幼少期に辛い経験をしていたようで・・・

ということで今回は、ロッチのコカドさんの父親や家庭環境について、気になったので調べてみました

 

スポンサーリンク


コカドケンタロウのプロフィールや家族構成

本名:小門 建太郎

生年月日:1978年8月8日

出身地:大阪府大阪市住之江区

血液型:A型

身長:175cm

出身:NSC大阪校14期

所属:ワタナベエンターテインメント

 

コカドケンタロウさんは、本名も同じ「小門建太郎」。

ロッチのツッコミ担当として活躍し、やや滑舌が悪いところもチャームポイントです。

中岡創一さんとロッチを結成する前は、ギャルソンズ(2001年~2003年)というトリオで活動していました。

 

コカドケンタロウさんの家族は、父、母、そして姉が1人いるそうです。

しかし、コカドさんは以前テレビで、「温かい家庭というものが分からない」と語っています。

どうやら複雑な家庭環境だったようで・・・

 

スポンサーリンク


コカドケンタロウの父親は銭湯で蒸発!?

コカドケンタロウさんは、母親が40歳の時の子供でした。

両親共働きだったため、コカドさんはあまり母親の手料理を食べずに子供時代を送ってきたとのことです。

 

コカドさんの父親は、まだ幼い頃のある日のこと、突然「銭湯に行く」と言ったきり、行方をくらましたそうです。

誰にも何も告げず、父親は家族を置いて蒸発してしまったと・・・。

そして、30年たった現在も、コカドさんの父親は帰ってきていないそうです。

 

父親は一体どこにいるのか、そもそも生きているのでしょうか?

現在のコカドケンタロウさんの活躍ぶりを、父親は知っているんでしょうかね?

 

スポンサーリンク


コカドケンタロウの母親は?手料理に拒絶反応…

父親が蒸発した後、手話の先生をしているという母親に育てられたコカドさん。

しかし、家庭環境は良いものではなかったようです。

 

いつも一人で食事をとっていたそうで、そんな幼少時代のトラウマから、コカドさんは手料理というものを食べられないそうです。

温かみのある家庭料理というものを見ただけで、拒絶反応が出てしまうそうです。

以前ある番組の企画で、タレントの家庭にお邪魔して奥さんの手料理を食べるという時も、コカドさんは一人だけ食べることが出来ず手が震えていたとか。

 

少しずつ幼少期のトラウマがなくなってくれると良いですけど・・・。

コカドケンタロウさんは現在独身ですが、いつか素敵な女性が現れて、温かい家庭を知ってほしいなと思いますね。

 

スポンサーリンク