性の喜びおじさんが亡くなったと話題

3月11日~12日にかけて、“性の喜びおじさん”が亡くなったと話題になり、トレンド入りに。

ここで、性の喜びおじさんって何者?と気になった方も多いのではないでしょうか(筆者もその一人)

そこで、今話題になっている性の喜びおじさんについて、調べてみました。

 

スポンサーリンク


性の喜びおじさんって?

性の喜びおじさんが話題となったのは、2016年9月のこと。

京王井の頭線内で、独り言を話していた男性を撮影した動画がYouTubeにアップされたのが始まりです。

 

性の喜びおじさんは、単なる“ヤバイ人”ではなく、発する独り言が面白くユーモラスな人間だったことが、人気となった理由です。

しかも性の喜びおじさん本人も、自身が話題になっていることを自覚して、それを受け止めているのです。

普通はネットに晒されて嫌がりそうなものですが…これが性の喜びおじさんの凄いところですね。

 

その、性の喜びおじさんが発していたという独り言の全文がこちら↓

 

性の喜びを知りやがって!お前許さんぞ!
性の喜びを知りやがって自分たちばっかし、俺にもさせろよ!グギィィィ!…セックス…
コノヤロー…許さんぞ…自分ばかりしやがってよ…コノヤロー…
許さんぞこういうことは!
人の自由を剥奪しやがって。 性愛の自由を剥奪しやがって。
許 さ ん ぞ !
そして今度は何だ?女に相手にされんのだったら、ホモに転向しろかよ。バカじゃねえか?
ホモとかレズってのはいつも言うようにな、生まれた時から、性同一障害っていう、障害者なんだよ。
異性を愛せないという、病気なんだよ。なんで俺がそんな病気になると思う。
俺は女大好きだよ!何言ってんだ。あっ血が出てきちゃった…
チキショー…そんなに変なこと、出来るわけないだろう!チッキショー…
近頃はもうそういう風俗呼ばないと寝られんくなったじゃないかぁ。病気になったよ完全に。
不眠症なんだよ。女性の裸見ないとどうにかなるんだよ頭が。
そんなグラドルのな、あんな写真なんかで、おっさんが満足出来るか。
小学生じゃあるまいし、グラドルのやつなんかで。チクショウ。
何がグラドルの写真だよ。バカじゃねえのか…。
いい歳こいたおっさんがグラドルの、そんな若い子見て興奮するわけないだろ。馬鹿馬鹿しい。
いい加減にしろよ。グラドルですって、馬鹿にしてるよ。チッ…くっそぉ…
自分たち、お前たちには当たり前のこと俺はやっとらんのだ!ふざけんなよ。
週末には彼氏彼女の部屋に泊まりに行くくせに。Weekend Loverの癖に。冗談じゃないよ!
そして、そのWeekend Loverのために色んなことをするんだろ。「ああでもないこうでもない」って。クソ…。
あんなことこんなこと、ドラえもんみたいにヤっとんだろ。あんなことこんなことヤっとんだろお前。
「あんなこといいな こんなこといいな」って言いながら、Loversやっとんだろ。Weekend Loverで。
んで月曜日の、Mondayに、そ、そ、そういうの、やったから、元気が出るんだろ!

 

スポンサーリンク


性の喜びおじさんは汚言症という病気?

そんな性の喜びおじさん、汚い言葉を発する「汚言症」(おげんしょう)という病気ではないかと噂されています。

汚言症とは、卑猥語や罵倒語(汚言、醜語、糞語、猥言、猥語)を発する症状。

英語では、コプロラリア(Coprolalia)といいます。

 

要するに、名前の通り汚い言葉を発するのが特徴の病気です。

ちなみに、子どもがふざけて発する言葉や、わざと言っている場合は汚言症とは呼びません。

 

性の喜びおじさん、確かに上の全文を見てもそんな気がしないでもないですが・・・

しかし内容がどこか知的で文学的というか、ただの汚言ではないような気もしますね。

 

スポンサーリンク


性の喜びおじさんは結局・・・

そんな性の喜びおじさん、結局のところ亡くなられたという話は本当なのでしょうか?

デマでこんな話が広まったのなら、それは相当迷惑な話ですが…

 

以下、ネット上の反応↓

 

“性の喜びおじさん大丈夫やろか”

“トレンドに性の喜びおじさんが入ってる”

“性の喜びおじさん死亡扱いされてるけど可能性が高いだけで明確なソースなくね”

“性の喜びおじさんは概念となったのだ”

“性の喜びおじさん、トレンド入りおめでとうございます”

“性の喜びおじさんと言い、左足壊死ニキと言い、東京の電車で有名になったやつは何で死亡説が真しやかに囁かれるんだよ”

“性の喜びおじさんでググってみたらこの人数日前にテレビ出てたやん (たまたまつけッパの時に流れてた番組だったから適当に数分見て消しちゃったけど) 何だこの人的に横目でちらちら見てたけど、まだ確定じゃないんでしょ? (どっちにしろあまりいい話じゃないけど)”

“性の喜びおじさんしぶとそうだし死んだとか思えん”

 

スポンサーリンク