さだまさし所有の無人島「詩島」をリフォーム!?

歌手のさだまさしさん、なんと無人島を持っていました!

4月2日放送の『大改造!!劇的ビフォーアフター』(テレ朝)では、さだまさしさん所有の無人島をリフォームする様子が放送。

さだまさしさんの無人島の名前は「詩島」(うたじま)

そこで今回は、無人島購入の経緯や場所、島の名前の由来など、気になる島の情報についてご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク


さだまさしのプロフィール

まずはさだまさしさんの基本情報を見てみましょう。

・本名:佐田雅志(さだまさし)
・生年月日:1952年4月10日
・出身地:長崎県長崎市
・学歴:國學院大學法学部中退
・職業:シンガーソングライター、ラジオパーソナリティ、小説家、映画監督
・活動期間:1973年~

 

さだまさしさんは長崎県長崎市出身。

実家は大地主の家系で父親は材木商を営み、自宅は部屋が10以上もある豪邸だったそうです!

さだまさしさん、お金持ちのお坊ちゃんだったんですね~!

3歳の時にはヴァイオリンを習い始め、才能を発揮していたそうですよ。

 

しかし1957年のこと、大水害によって父親の事業は失敗。豪邸を失い、小さな長屋住まいとなったのだとか…。

それでも、さだまさしさんはその後もヴァイオリンを続け、中学1年生の時、ヴァイオリン修行のために長崎から単身上京したといいます。

 

スポンサーリンク


さだまさしと無人島① 詩島の場所は?

そんなさだまさしさん、長崎にいた頃は友達と無人島で遊んだりしていたそうです。

その無人島こそ、現在さだまさしさんが所有する詩島でした。

詩島の場所はというと、長崎県の大村湾内。住所は長崎県長崎市琴海戸根町だそうです。

 

 

無人島と聞くと、すごく辺境にあるようなイメージですが、いざ場所を調べてみるとそうでもありませんでした。

まあ、さだまさしさんが小さい頃友人と一緒に遊んでいた事を考えれば、そんなに遠くへ行けるはずもないですね^^;

長崎空港も近くにあります。

 

スポンサーリンク


さだまさしと無人島② 詩島の購入

さだまさしさんが音楽活動を開始し、ソロになって1977年に発売したシングル「雨やどり」がオリコン1位になり大ヒットしました。

この「雨やどり」のヒットで得た印税を使って、2000万円で思い出の無人島・詩島を購入したのです。

 

現在詩島には、太宰府天満宮から勧請した「詩島天満宮」があったり、住人が経営する宿泊施設などがあるそう。

太宰府天満宮といえば、さだまさしさんの曲「飛梅」(1977年『風見鶏』収録)の舞台でもありますね。

また、詩島にはマスコット「詩之介」というラブラドールのキャラクターもいるんです!


出典:https://twitter.com/sada_utanosuke

さだまさし家の詩之介(うたのすけ)。長崎くんちの日に詩島で生まれた黒のラブラドール・レトリバーです。体重は茂木びわ33個分。首に詩島天満宮のお守りを抱いています。

詩之介は、さだまさしさん自身がデザインしたそうですよ^^

 

スポンサーリンク


さだまさしと無人島③ 詩島の名前の由来は?

実はこの無人島、以前は別の名前で、元々は寺島(てらしま)と呼ばれていました。

さだまさしさんが子供の頃は寺島だったんですね。

しかし、1995年にさだまさしさんが詩島(うたじま)と改名したのです。

 

さだまさしさんは“詩”へのこだわりが強いらしく、アルバムのクレジットなどでも「作詞」ではなく「作詩」と書いていたりします。

思い出の島も、自身の詩に対するこだわりによって、名前を変えたんですね~。

 

ちなみに詩島は、元は無人島なので電話や廃水の問題など大変だそうで^^;

電話については、NTT西日本から経費が莫大になるので断られ、携帯電話で通話しているそう。

また廃水処理設備にはこだわっており、海を汚染しないように2000万円をゆうに超える金額を投資。

最終処理した水は、飲んでも害がないほどにキレイになっているそうです。

 

スポンサーリンク


無人島・詩島リフォームで将来はライブも?

さて、ここまでさだまさしさんの無人島・詩島についてご紹介してきました。

しかし詩島は、さだまさしさんの借金の影響で30年間放置されていました…。

さだまさしさんが監督・主演の映画「長江」(1981年)の時に、製作費で35億円の借金を背負ってしまったことで、詩島に手を付けられず建物は老朽化、崩壊寸前になっていたのです。

 

しかしその借金も返済し終わった今、詩島を元気な島に戻したいという思いでリフォームを決意。

3500万円で『大改造!!劇的ビフォーアフター』に島の改築を依頼したそうです。

今回のリフォームによって、詩島に木の温もりあふれる建物が蘇り、さだまさしさんは島を購入した40年前の元気が戻ってきた気がすると感激。

 

今後は詩島でミニライブなども出来そうだと、“詩島ライブ構想”を明かしています。

生まれ変わった詩島で、ぜひさだまさしさんのコンサートが行われるのを楽しみに待ちたいですね^^

 

スポンサーリンク