貴乃花親方の長男・花田優一さんは、靴職人として活躍しており、最近テレビに出演するようになりました。

4月30日放送の『明石家さんまの転職DE天職』(日テレ)にも出演し、MCの明石家さんまさんに革靴をプレゼントするとか!

貴乃花親方の息子の花田優一さんは、一体どんな人なのでしょうか?

靴職人になった経緯や、最近話題の結婚について見ていきたいと思います^^

 

スポンサーリンク


貴乃花親方の息子・花田優一のプロフィール

出典:http://masakichi0628.blog.so-net.ne.jp/hanada-yuuichi

名前:花田優一(はなだゆういち)

生年月日:1995年9月27日

出身地:東京都

学歴:青山学院高校卒業

職業:靴職人

工房名:ALMONI

 

貴乃花親方の長男・花田優一さんは、1995年9月27日生まれの21歳。

貴乃花親方と妻の花田恵子さんの、良いところを集めたという感じの端整な顔立ちで、すごくイケメンですね!

花田優一さんは、貴乃花親方という父親がいて相撲界の名門に生まれながらも、お相撲さんになろうとは全く思わなかったそうです。

母親の花田景子さんも、息子を相撲取りに育てるつもりは無かったようですね。

 

スポンサーリンク


花田優一は高校卒業後、靴職人に

花田優一さんは、青山学院高校卒業後、青山学院大学へ進学することなくアメリカへ留学。

一部では、高校卒業後ではなく15歳で留学していたという説もあります。どちらにせよ、若いのにすごいですね!

アメリカ留学の後、花田優一さんはイタリアのフィレンツェに渡りました。

この時には靴職人を志していた花田優一さん、革靴の本場イタリアで3年間修行しました。

両親も、「狭い日本で学歴にこだわるより、若いうちから海外に出て手に職を持つほうが今の時代に合っている」と考え、息子の夢を応援していたようです。

貴乃花親方自身、中学卒業後に角界に飛び込み、努力を重ねて横綱になった経歴の持ち主ですし。

 

こうして靴職人になるべく修行を終えて、2015年に帰国した花田優一さん。

現在は、東京都内に工房を持って、靴職人として働いています。

お店は、渋谷の表参道にある「ALMONI」という名前のお店。

花田優一さんの靴は完全オーダーメイドで、仕入れからデザイン、採寸、縫製まで、全部一人で行っているそうですよ。

ちなみに、一足靴を作るのに2週間ほどかかり、お値段は15万円ほどだとか。

 

スポンサーリンク


貴乃花親方の長男が結婚?ニュースで話題に

このように、靴職人として活躍している花田優一さんですが、最近結婚を決めたというニュースが報道されました。

21歳という若さで結婚を決意するとは、確かにすごいですが、それ以上にすごいのが相手の女性でした。

結婚相手の女性は「青山学院大学出身のA子さん」と紹介されています。

しかし、A子さんの父親は元幕内力士の陣幕親方。貴乃花親方のライバルにごく近い親方です。

つまり貴乃花親方から見れば、A子さんは“敵の娘”という関係であり、まさにロミオとジュリエットのような関係なのだとか!

貴乃花親方の息子とライバル一門の親方の娘が結婚とは、角界の常識ではありえない展開として、極秘扱いとなっているそうです。

今後、2人がどうなっていくのか注目ですね。

そんな花田優一さんですが、靴職人として明石家さんまさんに革靴を贈るとか…?

 

スポンサーリンク


靴職人・花田優一が明石家さんまに革靴

それは2016年10月10日に放送された『明石家さんまの転職DE天職 3時間スペシャル』でのこと。

貴乃花親方の長男・花田優一さんがテレビに初出演したのが、この番組でした。

とても礼儀正しい花田優一さんに、明石家さんまさんは「好青年やな~!」「ホンマに21才なんか?」などと大絶賛。

この時、明石家さんまさんが「スタジオで動き回る用の靴」を作ってほしいとオーダーしたのです。

 

その靴が完成したので、4月30日放送の『明石家さんまの転職DE天職』でお披露目されるようですね。

靴職人としてオーダーメイドの靴にこだわる花田優一さんが、一体どんな靴を贈るのか、とても楽しみですね^^

 

※番組放送後・追記

スタジオに登場した花田優一さんが、さんまさんの靴を持ってきてお披露目していました^^

収録の日の朝まで作っていたそうですよ!

 

スポンサーリンク


花田優一から明石家さんまへ革靴が贈られ感激

花田優一さんは、明石家さんまさんに合う、どの店にも無いような靴を用意したと言い、お披露目した靴がこちら!

さんまさんがよく履くジーンズにも似合う革靴。スニーカー感覚で履けるような革靴を用意したと話していました^^

『明石家さんまの転職DE天職』の番組収録後に、私服のさんまさんが改めてジーンスに革靴を履いていましたが、本当に似合っていましたね。

あまりに格好良く似合っていたので、この革靴を作った花田優一さん本人も、思わず「ほしい」と言ってしまうほど(笑)

これからも、靴職人としてますます活躍してほしいですね!

 

スポンサーリンク